【男性育休体験記のまとめ】15人のパパと1人のママの体験記から見る「育休のリアリティ」!

男性の育休体験記

男性の育休というのは人それぞれ多様です。

家庭環境や職場環境が違えば、育休取得の過程も違いますし、育休中の生活も違います。

パパ育コミュでは、そんな多様な男性の育休を「育休体験記」としてまとめています。

これから育休取得を検討している人、育休に興味があるある人は是非ご一読ください。

きっと、男性の育休の「大変さ」や「素晴らしさ」といったリアルな姿が見えてきます。

1人目のパパ:こやたかさん〜育休を通じて家事や育児のスキルアップ〜

「こやたかさん」はうつ病発症を機に自分の生き方を見直して育休を取得したパパです。働く事はパパとしての大切な役割ですが、必ずしもそれだけが全てではないことに気付かせてくれます。

加えて、こやたかさんは育休前はどちらかと言えば働きもののパパだったのですが、育休をとおして家事や育児を身に着け、奥さんの信頼を勝ち得ていきます。最後はキッチンで料理も任されるに至りました。

2人目のパパ:オトダンさん〜双子育児の壮絶な日々〜

新生児は一人ですら大変なのに二人を相手にするのは壮絶です。体験記からもオトダンさんの奮闘ぶりが伝わってきます。

加えて、オトダンさんの会社は男性の育児参加に積極的で男性が育休を取得するのは“ごく普通のこと“だそうです。社内の独自の育休制度を設けており、オトダンさんも3ヶ月間の育休期間は全て有給の育児休暇を取得したとのことです。先進的な会社ですね。

3人目のパパ:イクジマンさん〜アマチュアNo.1から育休取得へ〜

イクジマンさんはサッカーでアマチュア日本No.1を目指して日夜練習に励んでいたパパさんした。3人目の出産を期に断腸の思いでサッカーの道を諦め、奥さんや子供達と全力で向き合うために育休を取得されました。持ち前のチャレンジ精神を発揮して、奥さんの職場復帰を期に一人で家事と3人の育児を担っています。そして、育休を通じて奥さんの大変さを身に染みて感じたということです。

ママから見た男性の育休(かなさん)

イクジマンさんのパートナーである「かなさん」に、ママ目線から育休を綴っていただきました。夫婦の育休体験記を「パパ目線(イクジマンさん)」と「ママ目線(かなさん)」の2つ視点から読むと、それぞれで育休の捉え方があることに気づかされます。ただ、そこに共通するのは育休を通じた家族との愛情や絆が深まる様子でした。

4人目のパパ:とあるパパさん〜有給休暇とパパママ育休プラスを活用して柔軟に育休を取得〜

とあるパパさんは育休をうまく取得しています。

有給休暇の消化による「育児休暇」と育児・介護休業法で認められた「育児休業」の仕組みをしっかりと把握した上で、自分にとって必要な育休をアレンジしています。特に、パートナーの米国大学院留学を期に家族で一緒に過ごすために1年間の育休を取得するという判断は、家庭事情を踏まえた柔軟な育児休業制度の利用方法だという印象を受けました。

コロナ禍の影響で留学自体は延期になってしまいましたが、育児休業制度は様々な状況において子育てをしながら家族と一緒に過ごすことを可能にする非常に柔軟性の高い仕組みだと感じました。

5人目のパパ:とみたんさん〜産後うつに苦しむ妻と、愛する子供を守るため〜

とみたんさんの育休は家族を守るためです。

とみたんさんの奥様が産後14日目に“産後うつ“を発症され、育児はおろか日常生活の維持すら困難な状態に陥ったそうです。私も産後うつのことは本で読んだりネットで調べたりして知識こそありましたが、とみたんさん育休体験をヒアリングする中で認識が甘かったのだと感じました。

そんな状況でも理解ある上司の協力もあり育児休業を取得し、父親一人でワンオペ育児を必死にこなしながら、奥様の看病もされていました。しかし、そんな生活が10ヶ月過ぎた頃にとみたんさんの心と体に異変が起こりました。

とみたんさんの育児体験記は女性の産後うつについて知る上で大変貴重な内容です。育休を取得するか悩んでいる人がいたらこの体験記を読んで産後うつのリスクをしっかりと把握してください。

6人目のパパ:三娘(さんむす)パパさん〜3人の娘のために3度の育休を取得〜

三娘パパさんは、とても家族思いなパパです。

第一子出生児に奥さんから育休取得をお願いされ、迷わずに快諾しました。そして、3人の娘さんが生まれる度に育休を取得し、パパとママの愛情いっぱいに子供達を育てています。ただ、そんな子育てのベテランの三娘さんであってもコロナ禍での出産と育児は大変だったようです。保育園に子供達を預けられない中、家の前の小さなスペースで子供たちを遊ばせることは心苦しい体験だったそうです。

三娘パパさんは、長期の男性育休取得者が少ない世の中で複数回(3回)の長期育休を取得しており、また、コロナ禍での出産や育児を経験されていることから、非常に貴重な体験記となっています。是非ご一読ください。

7人目のパパ:ゆえしさん〜パートナーが育休を取得できないなら私が〜

ゆえしさんは第二子出生児に育休を取得されました。

第二子出生児にちょうど奥様が転職したタイミングだったため、育児休業制度の規定により就業期間が一年に満たない場合は育児休業を取得できませんでした(育児休業制度の内容はこちら)。

そこで、奥様の復職のためにゆえしさんが育休を取得することになりました。

育休取得は会社にも比較的スムーズに承認されました。

しかし、育休中の生活はそんなにスムーズにはいきません。育児はぜんぜん思い通りになりませんし、食事の献立を毎日考えるのに四苦八苦する日々を過ごされていたそうです。加えて、コロナもそれに追い討ちをかけます。

8人目のパパ:うまんちゅパパさん〜産後クライシスを乗り越えて〜

うまんちゅさんは、産後クライシスの経験を踏まえて現在は育児に積極的なパパになりました。

元々は「家族のために仕事を頑張る」パパでした。

しかし、そんな家族への想いは伝わらず夫婦関係は冷め離婚してしまいました。

再婚して子供ができた際に、NPO法人ファーザーリングジャパンが実施する父親学級に参加して何故離婚してしまったのかが分かったそうです。

それは、育児に積極的に携わっていなかったことが要因でした。

そうした反省を踏まえて、今ではすっかり育児に積極的なパパとして、育休を活用しながら子供達やパートナーとの時間を大切にされています。

9人目のパパ:産後のママ(帝王切開)と二人の子供を全力サポート

はれパパさんは第一子の出生児に十分なサポートをすることができず、パートナーが精神的に不安定になってしまいました。

その反省を踏まえて2人目の出生時に育児休業を3ヶ月間取得しました。

ママが帝王切開であったこともあり産後は極力パパが家事も育児も担い、産後のママの体が回復できるように努めました。

2人目の出生だったため、上の子供の心のケア(赤ちゃん返り)も育休を取得したことで十分にすることができました。

そんなはれパパさんでも、ママが乳腺炎になってワンオペ育児をした際にはその大変さに「涙が出そうに」。。。

現在は育休から復帰されていますが、復帰後も育休経験を活かして家事や育児に積極的に携わっています。

10人目のパパ:育休制度を自ら整備し“3度の半育休”を取得

KIさんは、3人のお子さんの出生に合わせて3度の育休を取得されています(14ヶ月間、6ヶ月間、5ヶ月間取得)。

加えて、3回とも“半育休”として、育児休業給付金を受領しながら、働ける範囲で働いていました。

半育休という言葉は、最近でこそ耳にすることはありますが、10年近く前にそうした制度やリモートで働ける体制を自ら整備し、そして、半育休を取得したKIさんは、「まさに育休界の先駆者!」。

KIさんは、男性育休普及のためには、育休を取得した者が会社の管理層に昇進し、社内の制度や雰囲気を変えていくことの必要性を強く認識しており、周囲に育休取得の大切さを伝えています。

まさに、男性育休の伝道師(エバンジェリスト)です!

11人目のパパ:“不安やわ”の声を跳ね返して過ごす、家族との特別な時間

えいきちさんの家族は、第一子出生時は里帰り出産だったそうですが、第二子出生時はパパ自ら育児に携わるために育休取得を選択されました。

しかし、えいきちさんのご決断に対して、パートナーの口から出てきた言葉は「不安やわ〜」。

そんな、当初の言葉を跳ね返すように、えいきちさんは育休中は家事や育児をバリバリとこなし、赤ちゃん返りする娘さんのケアもしながら家族との特別な時間を過ごされました。

12人目のパパ:職場との壮絶な交渉を経て勝ち取った育休

育休を取得することは少なからず職場に負担がかかります。

法律上、会社は育児休業の申請を無碍に断ることはできませんが、内心としては“反対”したい気持ちもあるところです。

つーちゃんは、まさに会社からハラスメントとも言うべき猛烈な反対を受けました。

しかし、そんな中でも職場との壮絶な交渉に際して、自分の信念を突き通し育休を勝ち取りました。

育休取得者に相談したいことがある場合

これから育休を取得される方の中には何をすれば良いか思い悩んでいる人もいると思います。私もそうでした。

基本的な情報はブログに掲載されているので、該当記事をご一読ください。
男性育休制度
育休の取得方法
パパ目線の育児情報

その上で、ご相談されたい場合はは当ブログのコメントやツイッターに個別にご連絡をお願いします。

できる限り回答させていただきます。

男性育休体験記の寄稿について

男性育休取得者の経験は貴重です。

特に、長期にわたり育休を取得された方々の経験は今後育休取得を検討する方々にとってロールモデルを見つける上で大変参考になります。

そのため、ご自身の大切な育休体験を今後育休を取得される人のためにご共有頂ければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました