男性育休の現在と未来

男性育休の現在と未来

【なぜ男性育休が必要か!?】男性育休の「13のメリット」を「3つの視点」から徹底解説!

なぜ、男性育休の育児休業取得率は2019年度でも7.48%と低迷しているのでしょうか?その一因として男性育休のメリットが周知されていないことが挙げられます。そこで本稿では男性育休のメリットを「家族」、「企業」、「政府」の3つの視点から男性育休の13のメリットをどこよりも詳しく説明していきます。
男性育休の現在と未来

【男性育休取得率が30%の社会とは!?】今こそ検討すべき「3つ視点」と「7つの課題」!

男性育休取得率が30%に引き上がることでパパの育児参加が促されると共に、ママの育児負担が軽減されることは素晴らしいことです。ただ、パパの30%が育休を取得する社会とはどのような社会なのでしょうか。職場を支えるパパ社員の30%が育休を取得した場合、今の社会構造のままで何か軋轢や弊害は出てこないでしょうか。
男性の育休「AtoZ」

【男性の産休制度】「産休制度」と「有給休暇」を組み合わせて、産後のパートナーをサポート!

男性の産休制度の創設が政府において検討されています。ただ、産休制度と比較して有給休暇には「収入面」や「手続き面」、「取得の柔軟性」 3つのメリットのあります。そこで、両者の特徴を踏まえながら、有給休暇と産休制度を組み合わせながら産後のパートナーを柔軟にサポートする方法を紹介します。
パパ育児の「AtoZ」

【男性の産後うつ】男性育休経験者の6割が経験する“うつうつ“した気持ちと「3つの対処方法」

「男性の産後うつ」を知っていますか?男性育休経験者にヒアリングしたところ、実の6割の人が男性の産後うつの症状を経験しています。こうした現状を踏まえて、男性の産後うつの「実態」や「理由」、「対処方法」について、男性育休を1年間取得したシカゴリラが説明します。
男性育休の現在と未来

【男性育休義務化の本当の意味】「4つの義務化」と「7割の反対」の関係

中小企業の7割が男性育休義務化に反対というアンケート調査が発表されました。しかし、そもそも男性育休義務化の意味を正確に理解していますか?本記事では、男性育休義務化に関して4つの義務化について説明した上で、中小企業の7割が反対する背景を解説します。
男性育休の現在と未来

【休暇に関する日米欧の感覚の違い】男性育休が取得しづらいのではなく、そもそも休暇が取得しづらい

男性育休の取得を阻む職場の雰囲気について、欧米諸国との休暇に関する文化の違いに焦点を当てて解説します。男性育休の取得を阻む職場の雰囲気とは仕事優先の日本の労働文化そのものなのです。
男性育休の現在と未来

男性育休取得率の現状〜育休希望者は“ぜんぜん“育休を取得できていない〜

男性育休取得率の現状はどうなっているのでしょうか。本記事では男性育休取得率の現状や海外との比較、また、日本の育児休業制度の世界的な評価について解説した上で、男性育休希望者が取得率や取得期間といった観点から“ぜんぜん“希望とおりに取得できていない点を見ていきます。そして、男性育休取得を拒む理由とは何でしょうか。
男性育休の現在と未来

#8 男性育休取得に向けた5ステップ③「男性育休のおすすめの期間!育休は3ヶ月から!?」

男性育休取得に向けた5ステップと称して、「育休取得に向けて何をすればよいか」を5つに分けて解説していきます。今回は“育休期間の検討“です。育休期間を決める上で大切なことは“育休期間毎のパパの役割“を把握することです。その上で、独自アンケート結果から見えてきたママや男性育休経験者の意見を踏まえて具体的な育休期間を検討していきましょう。
男性育休の現在と未来

#6 男性育休に向けた5ステップ①「パートナーへの相談〜“とるだけ育休“へのママの本音」〜

男性育休取得に向けた5ステップと称して、「育休取得に向けて何をすればよいか」を5つに分けて解説していきます。初回は“パートナーへの相談“です。独自に実施したアンケート調査から家事や育児のパートナーであるママが抱いている男性育休への本音に迫ります。
タイトルとURLをコピーしました