データで見る男性育休

データで見る男性育休

【令和2年度】育休パパの構造分析結果〜“4つの障壁”を乗り越える“2つの取組み“〜

令和2年度の男性育休取得率が2021年7月30日に厚生労働省により12.65%と発表されました。前年度の7.48%から...
データで見る男性育休

【令和2年度】育休ギャップモニタリング結果〜解消率は4.5%(対前年度比1.6pt)〜

令和2年度の男性育休取得率が2021年7月30日に厚生労働省により12.65%と発表されました。前年度の7.48%から...
データで見る男性育休

【データで見る男性育休】最新の育休スタイル、「半育休」!オススメする3つの理由と留意点!

「半育休」という言葉を聞いたことがある人は、どれくらいいるでしょうか? 半育休とは、「育休を取得することで育児...
データで見る男性育休

【データで見る男性育休】育休を取得しづらい職場の雰囲気を生む“3つの要因”と「周囲の育休取得者」の存在

男性育休取得率が低迷する最大の要因“育休を取得しづらい職場の雰囲気“!しかし、雰囲気とは漠然としていてその実態はほとんど解明されていません!そこで、パパ育コミュで独自に実施したアンケート調査から、“育休を取得しづらい雰囲気“を徹底解説!
データで見る男性育休

【“パパ育トーク”のまとめ】ワイワイ#パパ育について語ってます@Zoom土曜日22時

毎週月曜日12時からお昼休みの時間を利用して、「男性育休」についてワイワイと話し合っている育休部@クラブハウスの活動内容をまとめています。
データで見る男性育休

【データで読む男性育休】育休を取得しないことのリスク!?「産後クライシス」とは?

男性育休の取得に悩んでいる方は是非「産後クライシス」について知ってください。「産後クライシス」知らずに育休を取得せず、「男の本分は外で仕事をすること」と家事や育児を疎かにしていると、最悪の事態に陥りかねません。本記事においては、「産後クライシス」が生じる「理由(愛情曲線の低下)」や「実体験」を紹介します。
データで見る男性育休

【データで見る男性育休】“おすすめ”の育休期間!1ヶ月は死守!理想は3〜6ヶ月!?

男性育休を取得する上で、最も大きな悩み事の一つが「育休期間」です。そこで、本記事では「期間ごとのパパの役割」と「アンケート結果」から“おすすめ”の育休期間をご紹介いたします!結論としては、1ヶ月は最低限死守し、3〜6ヶ月間が理想!?
データで見る男性育休

【データで見る男性育休】育休取得率は7.48%、けど、1ヶ月以上の長期育休を取得できているのは1%しかいない〜「育休ギャップ」の存在〜

本記事では、「育休ギャップ」の存在を紹介します。パパのうち、育休希望者が80.7%、1ヶ月超の育休期間を望む回答が73.2%であることから、1ヶ月超の長期育休を望む割合はパパ全体の実に59.0%に及ぶことが分かります。一方で、実際に1ヶ月超の育休を取得する割合は1.4%となっており、男性育休がぜんぜん希望とおりに取得できていない実態(育休ギャップ)を説明します。
データで見る男性育休

「産後うつ」に関する“パパママ”アンケート調査

産後うつは、ママだけではなくパパの問題でもあることが少しずつ分かってきています。しかし、その実態はほとんど分かっていません。 「男性の産後うつの実態」、「性別による産後うつの比較」、「男性の育児参加が女性の産後うつに良い影響があるのか」 こうした疑問に応えるべく、アンケート調査を実施いたします! 是非パパママの皆様の貴重な声を聞かせてください!
データで見る男性育休

【なぜ男性育休が必要か!?】男性育休の「13のメリット」を「3つの視点」から徹底解説!

なぜ、男性育休の育児休業取得率は2019年度でも7.48%と低迷しているのでしょうか?その一因として男性育休のメリットが周知されていないことが挙げられます。そこで本稿では男性育休のメリットを「家族」、「企業」、「政府」の3つの視点から男性育休の13のメリットをどこよりも詳しく説明していきます。
タイトルとURLをコピーしました